あがり・うつ・不安・不眠の方々へ 赤坂心療クリニック ℡092-737-2660

スタッフが最小の理由

スタッフが看護婦さんしかいない理由

相談中心の治療には最低限十分な面接時間が必要です。

  • 精神科診療の決め手は「医師による面接」です。
  • 面接時間をできるだけ確保するために、最少限の患者数で診療を維持できるよう経常経費を最小化し、最小限の診療患者数で経営を維持でき、それにより医師による面接時間をできるだけ長くするような体制をとっています。
  • 診療は、最初から終わりまで、精神保健指定医が行います。
  • このような体制によって、より良質な精神医療を提供できているものと自負しています。
  • とりわけ、ストレス性疾患やうつ関連疾患、不安障害の治療において強みを発揮できると思っています。

スタッフが最小限であることで限界があることも事実です。

  • まず双極性障害、人格障害、解離性障害の患者さんを治療するときに必要なチーム医療を行うことができません。
  • それ以前に、点滴注射などの身体的処置を行えないため、病院勤務時代には対応が容易であった統合失調症の患者さんの治療が難しいのが現状です。

そうであっても!

  • 前述のように一定以上の社会適応ができている方々(今は休業が必要な病状にあっても、それ以前は長期間就労できていた方)には当院のコンセプトは大きなメリットになると信じています。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional