あがり・うつ・不安・不眠の方々へ 赤坂心療クリニック ℡092-737-2660

言たか放題/2018-04-21

Top / 言たか放題 / 2018-04-21

Tag: 引きこもり対策

引きこもりの自立は難しい3

引きこもりの方が自立するための第一歩は、まずWebライターとして依頼者とライターのマッチングサイトに登録することです。

しかし…

登録はしたものの、1つのマッチングサイトでもライティング案件は山のようにあります。

これを1つ1つどれにしようかと見ていくだけで時間が過ぎていきます。

案件は募集期間があって、残り期間が1-2日というものもかなりあります。

迷っているうちに応募期限が過ぎてしまったりするのです。

クラウドソーシングの世界はスピードが勝負のようですね。

どの案件の作業をするか素早く決めなければチャンスを逃します。

そこで私が考えた方法は、自分が登録したマッチングサイトを全て丸1日かけて丹念に見ていく作業をまず最初にすることです。

全ての登録したマッチングサイトで、自分が得意な領域の案件がどれくらいあるかを確認します。

そして書けそうな案件が一番多いサイトを決めます。

これから先は、まず1番適した案件が多いサイトだけを見て、書けそうな案件をチェックするのです。

私の場合は、書けそうな案件を提示している受注者さんがいたのと、キーワードで検索できる機能がある、気になる!リストに登録しておいて後になっても探しやすいということで、CrowdWorksでタスク案件を見つけるようにしました。

ライティング案件には、プロジェクト案件、固定報酬案件、タスク案件、時給案件があります。

Webライター初心者がプロジェクト案件や固定報酬案件で採用される可能性は低いので、まずは慣れとスキルアップを目的でタスク案件の受注を目指すのがいいと考えました。

タスク案件は1件108円とか280円などと非常に単価が安く、文字単価では0.1-0.3円といった有様です。

月に100本採用されても3万円にも満たない収入しかありません。

そこで、慣れとスキルアップが目的と割り切って、とりあえず20-50案件受注できてから、報酬の大きい固定報酬案件(1記事1080〜3240円)に応募するのがいいと思います。

色々、実際に登録して案件を検討すると見えてくるものがあるはずです。

興味ある方はお試しあれ!

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional