あがり・うつ・不安・不眠の方々へ 赤坂心療クリニック ℡092-737-2660

「こころ」と脳…うつ状態

「こころ」と脳…うつ状態

脳の活動は、神経細胞の情報を伝達する信号が伝わっていくことにより生じます。

神経と神経の継ぎ目では、信号を送る側の神経細胞が、神経伝達物質(セロトニンやノルアドレナリンなど)といわれるものを放出し、信号を受ける側の神経細胞がそれを受けとることで情報が伝わります。

この信号の伝達が脳の活動となります。

脳の活動の総合作用が思考や意欲、気分といってよいでしょう。

神経細胞と神経細胞の継ぎ目(シナプス)で、神経伝達物質が少なくなった状態となるのが、うつ状態です。

うつ状態では、信号を送る側から伝達物質が出にくくなるのです。

それだけでなく、受け取る側の神経細胞の受け取り部位(レセプター)が故障して伝達物質を受け取らなくなるようにもんなるようです。

神経細胞と神経細胞の継ぎ目に放出された伝達物質が、行き場を失い、信号を送る側の神経細胞に戻ってしまいます(再取り込み)。

このように、信号を伝える伝達物質が出にくくなるうえ、信号を伝えないままに伝達物質が消えてゆくので、脳が働かなくなり意欲が低下したり落ち込んだりしてくるのです。

この、伝達物質の再取り込みを少なくすることで、神経細胞と神経細胞の継ぎ目の伝達物質の減少をくいとめ、神経の信号を伝えやすくして、うつ状態を改善するのが、抗うつ薬です。

また、うつ状態では、神経細胞同士のネットワーク(樹状突起による信号伝達網)や神経細胞が減ったりすることが分かってきました。

神経細胞やそのネットワークが減少してしまう前に、すなわち、ストレスの影響が小さいうちに専門医に相談するのがいいということ?

その通りでしょう。

心の不調も体の病気も、早期発見早期治療です!


シナプス

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional