あがり・うつ・不安・不眠の方々へ 赤坂心療クリニック ℡092-737-2660

''こころの世界''

こころの世界

  • 人間の脳は、あえて意識しない限りは、思考と現実の区別ができません。
  • 考えたことは、今まさに生じているかのようにストレスを生じさせます。
  • 自分が惨めだと考えれば「惨めな自分の世界」が見えてきます。
  • 「惨めな自分の物語」がはじまるのです。
  • あいつは嫌な奴だと考えれば「嫌な奴の世界」が見えてきます。
  • もっと嫌なことをしてくる「嫌な奴の物語」が始まるのです。
  • いずれも「もっと惨め」に「もっと嫌」になってくるのが人間です。
  • 精神症状、例えば「うつ」も「不安」も「緊張」も、みな同じです。
  • さらに精神症状で困るのは、症状を治さなくしたり、時に悪化させるような心の非機能的働きが生じることです。
  • この非機能的な心の働きには幾つかの種類がありますが、多くは1セットで生じます。
  • この非機能的な心の働きを症状別、各人の個性別に明確化して自然治癒を促進するというのが当院の治療理念です。
  • ただし、お薬で直ぐに(通例1ヶ月以内)症状が改善する方は、このような苦労(ご相談者にとって相当な努力を要求されます)を行わなくても、直ぐにお薬を服用しなくて済むようになります。
  • しかし、治療を始めて1ヶ月以上たっても症状がスッキリしない方は、先に述べたような心理分析を行って、自然治癒を促進させる必要性が生じます。

当院の治療は、

  • まずは、じっくりとお話をお聞きして病態を明確に診断する。
  • そして、発症要因となっているストレス状況への対策を、ご相談者各人と共同して策定していく。
  • しかし、直ぐにストレス状況に対策できないか、症状の苦痛感が著しいときには、漢方薬や最小限のお薬を処方いたします。
  • そして、1ヶ月以内に十分な改善が得られない場合は、上記の「非機能的な心の働き」が自然治癒力を阻害している可能性が高いため、非機能的な心の働きを探索分析して治癒を目指します。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional